成長ホルモンの分泌が増える効果的にできる筋トレ方法

人は20歳をピークにしてどんどんと老けていくことになるわけですが、その理由として考えられているのは成長ホルモン分泌が徐々に減少していくからです。

特に20歳の人と20歳後半の人の顔つきが大きく異なるのは、成長ホルモンの分泌が減少することによって、顔や体の新陳代謝の働きが弱まっていることが原因しているからです。

ただ、中には20代後半になっても30代に入っても20代前半の人のような若さを保っている人がいます。

そうした人の生活を見てみると、成長ホルモンの分泌が活性化されるような生活を送っているからなのです。

若返りのために必要な成長ホルモンの分泌が活発化する方法として、食事や睡眠などはもちろん大切です。

特に睡眠時間に最も多くの成長ホルモンが分泌されるといわれていますので、ゴールデンタイムには寝ておかなければなりません。

ただ人によってはゴールデンタイムに睡眠に着くことは難しいという人もいるでしょう。

そんな人のために本日は自宅でも手軽にできる成長ホルモンの分泌が促進される筋トレ方法をご紹介しましょう。

適度に筋トレをすることによって筋肉に乳酸が溜まります。

乳酸には脳下垂体から成長ホルモンの分泌を盛んにする働きがありますので、適度に持続させた筋トレが必要になります。

人の筋肉量が最も多い太ももを中心とした筋トレをするとよいでしょう。

スクワットなどでひざを曲げた状態を20秒間キープした状態を3セットこなします。

時間が空いたときや台所で家事をしている時など、ぱっと思いついた時にでもさっとやってみてください。

足がプルプルとしたら乳酸が溜まってきている証拠です。

乳酸がしっかりと溜まることで成長ホルモンの分泌が増えていきます。

こうしたちょっとした習慣を積み重ねていくことが若返りを手に入れるためには重要ですよ。